冬らしい寒さになって、春と勘違いして花を咲かせたりつぼみをふくらませた里山の植物たちは困っています。
そんな中、タネツケバナの花が寒さに負けず咲いているのを見つけました。
たんぼの籾蒔きをする頃に花を咲かせるのでこの名がついたのですが、やはり今年の冬は暖かいので例年より早めに花を咲かせたようです。

 写真は外来種のミチタネツケバナですが、タネツケバナとの見分けはなかなか難しい植物です。 やや湿った場所で、アブラナの仲間の4枚の花弁の小さな花を咲かせます。 クレソンの仲間なので、生で食べても美味しい野草です。 

 散歩の途中で見かけたら先の柔らかそうな部分をちぎって口に入れてみてください。 早春らしいちょっとした苦みが口の中に広がります。




 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.