今週は小さな赤い実をつけるツルアリドオシをご紹介します。
木陰の地面を這う常緑のツル植物で、初夏に小さな白い花を咲かせます。
げんきの森でも所々で見られますが小さいので見過ごされることが多い植物です。

 先日、落葉したコナラの森に真っ赤な実がなっているのを見つけました。隣に落ちてたコナラのドングリと比べるとその大きさがおわかりいただけるでしょうか。
もう少し大きいとクリスマスリースの飾りにもなりそうですが、こんなに小さな実ではそうもいきません。 花は二つ並んで咲きますが、実になる子房の部分が一つに合着しているので、花は二つ咲いても実は一つしかできないという変わった植物です。

 実をよく見ると、ガクの着いていた部分が二つ並んでいます。

 管理棟に展示しているので、よくご覧になってください。



 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.