遅い紅葉の季節がやってきたげんきの森で、コナラの黄色い紅葉をバックにボケの花が咲いていました。
漢字で書くと「木瓜」。 瓜のような実がなるので漢字名はこうなっています。
これが「ぼっくわ」と読めるのでボケの和名になったとか。 季節外れに花が咲くので呆け(ぼけ)と呼ばれているのではありません。
中国原産で平安時代に日本に持ち込まれたと考えられているこの植物は、寒い花の少ない季節に赤、白、ピンクなどのきれいな花を咲かせるので庭園木としてもてはやされています。
3月頃に咲く花が多いのですが、今頃からぱらぱらと咲き始めます。
このように寒い季節に咲く花は「寒木瓜」などとも呼ばれています。

 公園ゲートを入った入り口庭園に植えられています。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.