4月にオガタマノキに花が咲いたとこのコーナーでご紹介しました。

 このオガタマノキに実がつきました。 オガタマノキは隣に植えているホウノキと同じモクレン科。 年配の方の中には口ずさむことができる方もいらっしゃると思いますが、演歌「北国の春」でおなじみのコブシも同じ仲間で、実の形はコブシによく似ています。

 写真の実では右端のふくらみが割れて中から種が顔を出し始めていますが、赤い色の種なので野鳥に食べてもらって種子散布をしている樹木のようです。
でも、けっこう大きな種なので、これをひと飲みにするのはカケスやヒヨドリサイズの鳥じゃないと難しそうです。

 オガタマノキの実はこれからどんどん割れていきます。管理車道入り口付近の右下で見られます。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.