里山では秋の深まりと共にコナラたち落葉樹の葉を緑に染めていた葉緑素が壊れはじめ、緑の裏に潜んでいたカロチノイドの黄色い色が目立ってきました。
そんな森の中で今年はコバノガマズミの真っ赤な実がまるで宝石にように輝いて
います。
ガマズミの仲間はこの森には3種類ありますが、どれも実を真っ赤に染めて小鳥
たちに美味しいよってアピールしているのです。動けない樹木の多くは彼らに実
を食べさせて種を遠くまで運んでもらい、生育範囲を広げる戦略を採っているの
です。
この実は人が食べても美味しく、焼酎漬けにすると琥珀色の美しいお酒にもなり
ます。

 今年は数年ぶりに豊作で森のあちこちに美しく実っているので小鳥たちに食べられてしまわないうちにお楽しみください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.