げんきの森に真っ白な美しいユリがたくさん咲き始めました。

 一昔前は台湾原産のタカサゴユリだと考えられていたユリですが、今ではテッポウユリとタカサゴユリの雑種だということがわかり「新テッポウユリ」と名付けられています。
夏に咲く切り花用のいいユリがないので、夏から秋に咲くタカサゴユリと真っ白で美しいテッポウユリを掛け合わせて作られたユリですが、様々なタイプがあって、その中で野生化しやすい性質のものが広がっているようです。 真っ白な花びらのものや花びらの背中に茶色のラインが入っているものなどいろいろなタイプが見られます。
他の植物を駆逐したり、地域のユリと雑種を作ったりはしないので侵略的外来種
として駆除の対象にはなっていません。

 げんきの森では道路沿いの斜面にたくさん見られます。











Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.