今年は里山のあちこちでネムノキの花が目立ちます。

 ツツジやヤマモモをはじめ今年の里山はいろいろな花が多いく華やかな年ですが、ネムノキもこの流れに乗り遅れまいとたくさんの花を咲かせてくれたようです。
熱帯を中心に広がるマメ科の樹木の中でネムノキは最も寒さに適応した種類で日本各地でエキドチックな熱帯の雰囲気を漂わせています。 朝晩の冷え込みがなくなってくる4月下旬になってから新芽を広げることで日本の寒さをうまく避けてこの地域まで分布を広げることができたのです。
ピンクの細い糸のような花びらを無数に伸ばし、わずかな風にもそよぐその花は繊細で見ていて飽きません。

 げんきの森のあちこちで見られますのでお楽しみください。










Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.