げんきの森の野生樹木で早春最も早く咲く花はおそらくこの花。

 イヌガシです。

 カシと名前はついていますが、カシの仲間ではなくクスノキの仲間。
濃い紅色の花で淡い黄色のおしべが見えています。イヌガシは雄株と雌株に分かれており、写真の花は雄花。げんきの森で見つかっているイヌガシは二本しかなく、1本はわんぱくの森の歩道沿いにあるこの雄株で、もう1本は大谷新池の上流にある雌株。

 わんぱくの森の歩道沿いの山側を見上げるように探していると濃い紅色の小さな花を枝一面に咲かせたイヌガシの雄株を見つけられます。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.