コウヤボウキという植物があります。

高野山にはなぜか竹がなかったので、この植物を刈り取って束ねたものを箒として使っていたのでこの名前が付いたようです。

花園村にその技術を伝える方がおり、10年ほど前、倶楽部員みんなで教えてもらいに行ったことがあります。

キク科の植物なので秋に白く美しい花を咲かせます。今は花も終わって実になっており、タンポポのような綿毛がついています。白い綿毛が多いのですが、写真の個体は少し紅色に染まった綿毛です。

乾燥した場所が好きな植物で園内各地に見られますが、写真の個体はプレーパーク内。

冷たい北風に飛ばされてしまわないうちにぜひ探してみてください。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.