今年はオガタマノキにたくさんの花芽が着いています。

 オガタマノキは漢字で書くと招霊木。 神社で御霊をお招きする木という意味です。 今ではサカキを神前に供えますが、本来はオガタマノキだったとか。
でも、オガタマノキは滅多にみられない珍しい樹木なので比較的手に入りやすいサカキが使われるようになったのかもしれません。
オガタマノキはモクレンの仲間で4月始め頃、小さな花を咲かせ、いい香りで虫を呼び寄せます。

 この木は植栽後10年。 一昨年、始めて数輪の花を咲かせた若い木ですが、今年はたくさんのつぼみを付けているので可憐な花を楽しませてくれそうです。

 管理車道入り口下の斜面に植えられているので車道の手すり越しに観察していただけます。









Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.