げんきの森では駐車場南の造成した斜面に10年前から水仙の球根を植えてきています。今では斜面上部を占めて、寒い冬にいい香りがする清楚な花を楽しませてくれるようになりました。

 この頃、水仙の花の季節が少し早まってきたような気がします。 今年はお正月前からちらほら咲き始めています。
水仙は春の花というイメージがありますが、げんきの森の水仙は寒風に負けずに、冬の初め頃から花を開きます。 南向き斜面で日当たりがいいせいでしょうか。
この水仙はニホンズイセンと名付けられた水仙で、古い時代に中国から持ち込まれたと考えられています。

 春に咲く西洋水仙やラッパズイセンと違い、厳しい寒さに耐えて花を咲かせるため日本人に好まれています。

 寒い冬ですが、ニホンズイセンの甘い香りをお楽しみください。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.