げんきの森広場の北の縁で季節外れのサクラが咲いています。
淡いピンクのこのサクラはヒマラヤザクラ。 日本では季節外れの印象ですが、ヒマラヤ地域ではサクラは冬の初めに咲くのです。
 日本のサクラは遠くヒマラヤから長い年月をかけて移動してきたと考えられており、冬が寒い日本の気候に適応して初冬ではなく春に花を咲かせるように進化したようです。
 寒い日本ではヒマラヤザクラの咲くこの季節に花粉を運ぶミツバチはあまり飛ばないのですが、小春日和の陽射しに誘われるように飛ぶこともあります。
そんな年はヤマザクラよりも大ぶりの実をならせてくれます。 食べてみると甘酸っぱく悪くない味です。

 ヒマラヤザクラはこれからが盛りとなりますからお楽しみください。

 






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.