バリアフリートレイルを少し入ったところの手すり脇に黄色いツワブキの花が咲き始めました。
 和歌山では海岸の植物として一般的で、葉も美しく、秋の終わり頃に咲く黄金色の花が見事なので庭に植える植物として人気があります。
 元々げんきの森には生育していない植物ですが、十数年前、移植した梅の木の根鉢にくっついてげんきの森にやってきたようです。その株は毎年花を咲かせタンポポのような綿毛のあるタネを飛ばします。写真の株は飛んできたタネが発芽して育った2代目。
 私たちに秋も終わりが近づいてきたことを知らせてくれるこの黄金の花はこの季節の明るい日差しによく似合います。ツワブキは大きなクスノキの根元で咲いているので探してみてください。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.