ヤマガラやシジュウカラたちが雛に与える芋虫を集めるのに忙しい里山にツツジの季節がやってきたようです。

 写真はヤマツツジ。色は濃い紅。げんきの森にヤマツツジはほんの数株しかありませんが、色鮮やかで遠くから見てもその辺りだけ赤く燃えるように浮き上がって見えます。特に今年はツツジの仲間の花が多いようで、枝という枝に真っ赤な花が咲き、とても鮮やかです。
ピンクで大型の花を咲かせるモチツツジも至る所で柔らかな色合いの花を咲かせ始めましたし、モチツツジとヤマツツジが自然交配したミヤコツツジも今年はけっこう花を咲かせています。
一度はこの森で姿を消したシロバナウンゼンツツジも倶楽部員のみなさんが近くの森から頂いてきた枝を挿し木で増やし、森のあちこちに植樹したので今年は小さく可憐な花を咲かせてくれています。

 鮮やかなツツジの花はゴールデンウイークが終わるまでたっぷり楽しめそうです。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.