昨年よりも4〜5日遅く、先週、げんきの森でもヤマザクラが開花しました。
開花第1号は毎年一番に咲く駐車場脇の1本。ヤマザクラは単一クローンのソメイヨシノと違い、個性豊かなのでこれから来月上旬まで2週間ほどかけて次々に咲き、げんきの森の山肌を彩ってくれます。

 げんきの森で最も早く咲くのは沖縄産のカンヒザクラ。次いで、カンヒザクラの遺伝子が混じった陽光桜。ヤマザクラが咲き始めると体験棟から北の谷を望んだ所に咲くエドヒガンの大木も開き始めます。今年もすでにピンクの花を開き始めました。
この後、巨大な花が自慢のネゴロザクラが咲きます。このサクラは品種不明ですが、げんきの森のシンボルとなっているサクラで、また開花したらこのコーナーでもご紹介します。

 いい季節がやってきました。森に出かけましょう。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.