今年もげんきの森にヤクシソウの輝くような黄色の花が咲き始めました。

 場所は道具小屋から伸びる管理車道ののり面。 きれいに草刈りされて管理されたのり面ですが、草刈りをしてくれた倶楽部員はヤクシソウの花を楽しむためにこれを残しておいてくれたのです。
おかげで、今年もこの花を楽しむことができます。

 ヤクシソウはキク科の植物。 秋はキクの季節なのでヤクシソウもこの季節にあざやかな花を咲かせてくれます。
十数枚の花びらがありますが、花びら1枚が一つの花。 花の中央には花びらを持たない花も集まっています。 この花はこれらいくつもの小さな花が集合して一つの花を作っているのです。
秋が深まるとそれぞれの花にタネができ、タンポポのような綿毛を持って風にのってタネが運ばれます。

 これから盛りを迎えるヤクシソウの花を眺めなら秋の里山をお楽しみください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.