秋の七草の代表といえば萩の花。 紫色の美しい花を無数に付けてしだれた枝が風に揺れる様は優雅です。

 一口にハギといっても、様々な種類がありますが、写真はツクシハギ。
管理棟前の竹垣沿いにあります。 野生種ではなく昔の人が作り出した品種なので2色の紫の大きな花を付け鮮やかです。
野生種のマルバハギはもっと小降りの花を咲かせます。 葉の表面が細かい毛で覆われているケハギや花の美しいミヤギノハギもありますが、なかなか見分けるのが難しいので、実は私もよくわかりません。
でも、ちゃんとした名前はわからなくとも、ハギの花の美しさが変わるはずもありません。

 遊歩道を歩くといたる所に見られる紫の花を楽しみながら、秋の森を歩いてみてください。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.