今年もげんきの森のアケビ棚にたくさんのアケビが熟し始めました。 棚の9割を占めるアケビは今年は豊作。
残り1割のスペースを分け合うミツバアケビとムベは数個ずつしか実は生っていませんが、ムベは今年が初生り。

 このムベは先輩のアケビに遠慮がちにツルを伸ばしてきましたが、きちんと根付くと成長の旺盛な種類だけに、今後は陣地取りが激しくなってきそうな気配です。
げんきの森全体では圧倒的な多数派のミツバアケビですが、なぜかこの棚では控えめ。 これらのアケビ類を植栽した場所が水分と肥料の豊富な生分解性トイレのバクテリア分解槽の上なので、乾いた乾燥地に適応したミツバアケビには適さずに、湿った肥沃地を好むアケビの適地だったのかもしれません。

 このアケビはどなたでも採って頂いてけっこうです。 今週末頃からそろそろ食べ頃を迎えますから、小鳥たちに食べられてしまわないうちにしっかり秋の恵みをお召し上がりください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.