写真のかわいいキノコはキタマゴタケ。 げんきの森で真っ赤なタマゴタケをご覧になった方は多いと思いますが、これはその仲間で黄色いキタマゴタケ。
滅多に見られないキノコですが、げんきの森では真っ赤なタマゴタケに混じって数カ所にこの珍しいキノコが見られます。

 これらのキノコは菌根菌といって、周りのコナラやクヌギの根と共生し、それらが光合成でつくったデンプンを根からもらって生長するキノコです。 コナラたちもこのキノコの菌糸が集めた水分やミネラルをもらって生きていくことができるのでお互い共存している関係です。

 真っ赤なタマゴタケは他のキノコと間違えることがないので安心して食べられますが、キタマゴタケは猛毒のタマゴタケモドキと間違えやすいので、見つけても食べないでください。

 キノコはこれからが盛り。 台風が過ぎてキノコの季節を迎えたげんきの森にぜひお越しください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.