写真の生き物はムカデ。 大型のトビズムカデでしょうか。

 丸まって何かを守っています。 これは、子どもを守っているのです。 丸まって中央に大切に守っているのがまだ脱皮前の幼虫で、ムカデのお母さんは子どもが生まれるまでの3週間ほどは何も食べずにタマゴや幼虫を守ります。 幼虫はそのまま放っておくとカビが生えたりするので定期的になめ回し、清潔に保たれます。 そうしないとちゃんと孵化しないそうです。

 クスノキの落ち葉の上で抱卵しているムカデをそっと持ち上げてみてもお母さんムカデは動こうとしません。

 このムカデは虫かごに入れてしばらく観察することにしました。

 げんきの森に来ていただければ観察できます。

 興味のある方はぜひどうぞ。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.