オオイヌノフグリとはかわいそうな名前です。 でも、花は鮮やかな瑠璃色。早春の日だまりに輝く宝石のような花なので、星の瞳という別名もあります。

 ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治時代の初め頃、東京で始めて見つかりました。 畑など、常に乱され続けている環境の中で日本の植物を押しのけつつ、今では全国に広がっています。
花は1日でしぼむ1日花で、花が抜け落ちるように散るときにおしべとめしべがくっつけられて受粉します。
実は犬のふぐりに似ているかというとそれほどでもなく、仲間のイヌノフグリの実がそれによく似ています。 大きなイヌノフグリという意味でこの名が付けられたのでしょう。

 元々、げんきの森にはなかった植物ですが、駐車場横のスペースの草をていねいに刈っていると、げんきの森本来の環境が壊れ、オオイヌノフグリ、ミチタネツケバナ、ヒメオドリコソウなどの外来植物が増えてきたのです。

 バリアフリートレイル入り口あたりの草地をていねいに探してみてください。
コバルトブルーに輝く星の瞳を見つけられるかもしれません。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.