裸芽と書いて、「らが」と読みます。

 樹木の冬芽の姿の一つです。 樹木の冬芽は前の年の夏から秋にできあがり、寒い冬を越す必要があるため、普通は芽鱗(がりん)と呼ばれる何枚もの堅い鱗状のカバーで内部の柔らかな葉っぱの赤ちゃんを守っています。
でも、中にはこの芽鱗を持たずに、葉っぱの赤ちゃんがそのまま露出しているものもあります。 これを裸芽と呼ぶのです。

 写真の裸芽はアジサイ。 アジサイは日本原産のガクアジサイを様々に品種改良したものです。 げんきの森ができたときに、この東展望広場に植えられたもので、乾燥して日当たりのいいこの広場でもしっかり根付き、毎年美しい花を咲かせてくれます。
げんきの森にはこの他にムラサキシキブやヤブムラサキも裸芽を持つ植物です。

 ちなみに、裸芽の一番外側の幼葉は霜に焼けるなどして満足に育ちませんが、内部の葉は無事に冬を越し、立派に育ちます。

 寒い冬に果敢に挑んでいるようなアジサイの裸芽。 あなたも冬に負けずに冬の里山散歩、楽しんでみませんか。




Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.