げんきの森への進入道路は「林道土仏線」という道路。

 公園エリア北端に覚鑁(かくばん)上人が土で仏をつくり、安置したという「土仏峠」があり、その峠に向かう林道です。 岩出市管理の林道ですが、げんきの森玄関までの区間は倶楽部員で草刈りをしたりゴミ拾いをしたりしながら管理しています。 以前は狭い道だったのですが、市や県が部分的に拡幅したり舗装を補修したりしてくださったので、今では大型バスも入って来られるようになっています。

 この道は地元のみなさんのハイキングコースにもなっており、毎日たくさんの方が歩きに来られます。 昨年の秋の終わり頃、倶楽部員みんなで道端のネザサやススキ、メリケンカルカヤなどをきれいに刈り取ったので、今の季節は冬の温かな日射しの中で枯れ草の色も美しい気持ちの良い散歩道となっています。

 たまには緑花センターなどに車を置いて、土仏線を歩いてげんきの森に行ってみるのも楽しいですよ。




Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.