秋はキクの季節。 げんきの森でもあちこちでリュウノウギク、ヤマシロギク、シラヤマギク、コウヤボウキ、アキノキリンソウ、ヤクシソウなど様々なキク科の花が咲き乱れています。 中にはツワブキのように植木にくっついて公園にやってきた植物やセイタカアワダチソウ、ナルトサワギクのように外来のあまりありがたくない花も見られますがいずれもキク科の植物たちです。

 キクといえば白や黄色の花が主役ですが、写真は薄紫の花が美しいノコンギク。
よく似たヨメナと見分けは付きにくいのですがヨメナの方が湿った土地を好み、実が熟したときに綿毛が付いていません。 綿毛を付けて遠くまでタネを運ぶのがノコンギクです。

 伊藤左千夫の「野菊の花」に出てくる野菊はノコンギクが最も特徴が合うようです。 げんきの森では大谷新池沿いでたくさん咲いています。

 少し山肌が色づき、秋が盛りのげんきの森で様々なキクの仲間達の花を探しながら歩いてみるのも楽しいものです。




Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.