げんきの森に仕掛けている自動シャッターカメラにかわいい動物が写りました。

 テンです。

 イタチの仲間ですが、イタチよりかなり大型で体の長さは50cm近くにもなります。
夜行性で、木登りが得意。 ネズミなどの小動物や小鳥のヒナなどの動物食の他にいろいろな木の実も食べます。 テンの糞は石や切り株の上など見晴らしのいい場所にしているので見つけてのぞいてみると、アケビやガマズミなどいろいろな種が混じっています。

 冬に細かい上質の毛皮をまとうのでテンの毛皮は高級品。 特に全身黄色のキテンのものが好まれました。 写真のテンはスステンと呼ばれる一般的なテンでしょうか。

 ペットとして人気の高いフェレットのような姿ですが、人になつくこともない夜行性の野生動物なのでめったに目にすることはできませんが、カメラにはよく写るのでげんきの森にはたくさん暮らしているようです。

 石などの上に糞を見つけたらスマートなテンの姿を思い浮かべて下さい。




Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.