暑い夏がやってきました。

 今年も節電の夏で、クーラーを我慢して汗を流している方も多いのではないでしょうか。

 昨年もお話ししましたが、緑の木陰には暑さの原因となる赤外線を弱くしてくれる効果があります。

 植物は緑の葉で光合成をしていますが、この光合成には赤い色周辺の光を利用しています。 赤より少し波長の長い光が赤外線。 植物は光合成によってこの赤外線を少なくしているのです。
ですから、ビルの陰や家の軒下などと違い、緑の葉陰では熱の原因となる赤外線が少ないので、涼しく感じます。

 家の中で暑い汗を流すより、げんきの森の緑の木陰で気持ちの良い風に吹かれている方が、暑い夏は心地よく過ごせます。

 まだまだ続くこの熱暑。 少しでも涼しく過ごす工夫をしながら乗り切っていきたいものです。




Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.