今年もげんきの森に真っ赤なタマゴタケが出始めました。

 写真左側の女の子が右手に持っているのが卵から顔を出し始めた状態。
 右側の男の子が持ってるのは開ききった状態です。

 真っ白な卵から出たタマゴタケは傘が真っ赤で軸は赤と黄色の迷彩色。初めて見た方は全員が毒きのこだと思うようですが、なかなかいい味のれっきとした食用キノコ。

 コナラやアラカシなどのブナ科の樹木と共生関係を結び、それら樹木に水分やミネラルを供給する代わりに樹木が光合成で作ったデンプンをもらって暮らしているキノコです。

 ブナ科の樹木が多い和歌山県ですが、タマゴタケがこれほど大量に発生する森はどこにもありません。

 今年のタマゴタケはまだしばらく楽しめそうです。

 この機会に、ぜひ観察にお越し下さい。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.