この花はピンクの大型のツツジ。

 名前をモチツツジといいます。

 花の季節にガクの部分や新しい葉がネバネバするのでこんな名前がついたようです。 岩出あたりでは、もっとストレートに「粘ばツツジ」と呼ばれています。
どういう理由でこんな粘りを持つようになったのかはよくわかっていませんが、子ども達はこの花を採って胸や帽子にくっつけて遊びます。 げんきの森には最も多いツツジです。 他には、ごくわずかですがオレンジ色のヤマツツジもこの森にあります。 残念ながらすでに花の時期は終わりました。 おもしろいことに、ピンクのモチツツジとオレンジのヤマツツジの雑種がこの森にはあります。 色合いは両者の中間。 少し粘りがあって、名前をミヤコツツジと言います。 今のところ、二株だけ見つかっている珍しいツツジです。

 今年はツツジの花が多いようです。

 いつもより、少し花が遅いモチツツジが盛りの森をゆっくりお楽しみ下さい。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.