今年の冬は寒く、梅の花もやっと今頃になって咲いてきました。

 今年の春はずいぶんのんびりです。

 よく晴れたこの前の日曜の昼、週末の植樹祭予定地を見に行ってきました。
茶色になったススキやワラビを刈り開いて地面に早春の陽射しが直接当たるようになっています。

 その中に一株のタチツボスミレの花を見つけました。

 げんきの森のどこにもまだ咲いていなかったタチツボスミレですが、新しくできた陽だまりにどこよりも早く花を咲かせていました。

 げんきの森には、ニオイタチツボスミレ、ニョイスミレ、シハイスミレ、アリアケスミレなどが見られますが、なんといっても最も多いのがこのタチツボスミレ。

 淡い紫の大きな花がきれいなスミレです。

 陽だまりが大好きなタチツボスミレですから、新しい植樹地の中でどんどん株を増やしていってくれるでしょう。 樹木が育ってくるとやがて消えていく花ですが、これから数年間はここでタチツボスミレを楽しむことができそうです。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.