今年の冬は雪も多く寒い冬が続きます。

 げんきの森では今シーズンは幸い雪は積もりませんが、冷たい空気の中、倶楽部員が作って沢に設置したミニ水車が凍ってしまいました。
この日は冬の里山の自然観察会でしたが、参加者のみなさんもこれにはびっくり。
水車の下には折れて落下したつららが折り重なるようにたくさん積もっていたので、朝の寒い時間帯にはもっと見事な氷が見られたのでしょう。

 寒い時期には寒い時期なりの美しさや楽しさがあるものです。

 げんきの森は標高の高い山ではありませんが、それでも市街地よりは冷え込むため冬になるとこんな大きな氷など、意外な発見があります。 みなさんも寒いからと家の中に閉じこもらずに、思い切って森に出かけてみませんか。

 きっと、楽しい発見がたくさんあるはずですから。











Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.