ロウバイの花が今年も咲きました。

 昨年はほんの少ししか花を着けませんでしたが、今年はたくさんつぼみを着けています。

 ロウバイは一年で一番寒いこの時期に花を咲かせる不思議な花です。中国から入ってきた樹木で、日本よりもう少し暖かい場所がふるさとなのでしょう。
蝋のような花びらの梅というところから名前が付けられましたが、ロウバイ科の樹木なので梅とは親戚関係ではなく赤の他人です。
いい香りで花粉を運んでくれる昆虫を集めるので、晴れた日などはミツバチなどが飛んでくるのでしょう。このロウバイは春になるとたくさんの実を着けます。
ちなみに、街角でよく見られるのは花がすべて淡いレモン色のソシンロウバイで、一般的にはこれがロウバイと呼ばれています。しかし、ほんとのロウバイは写真のように花の中心が濃い紫です。

 このロウバイは公園ゲートを入ったところにあります。

 珍しいほんまもんのロウバイを見にぜひげんきの森にお越し下さい。









Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.