先週からの急な冷え込みで和泉山地にも遅い紅葉の季節がやってきました。

 げんきの森でもコナラの黄色の中にイロハモミジの赤が鮮やかです。

 このイロハモミジは公園がオープンしたH14に、車いす利用のみなさんが集まって植えたもので、その時は高さ1mにも満たなかった小さな苗木ですが、今では大きく育ち、毎年今頃の季節には鮮やかに紅葉して来園者のみなさんを楽しませてくれています。 植えた場所はバリアフリートレイルという車いすの通行が可能な遊歩道沿い。
やせた土地で、きちんと育ってくれるか心配しましたが、ほとんどのイロハモミジは無事に育ち、今では大きいものは高さ4mほどにも育っています。

 見ごろはあと10日ほどでしょうか。

 今年は例年より色も鮮やかです。 遅い紅葉を楽しみにお越しください。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.