紀の川沿いは柿の産地です。 平種無柿のシーズンが終わって、今は富有柿が出回り始めました。

 柿の原種は日本の森にもあり、げんきの森にも何本か生えています。
名前はカキノキ。 今年は昨年と違って豊作のようで、森のあちこちにオレンジの実がたくさんなっています。
大きさは5cm程、何年か前に倶楽部員の一人がこの実を採って、つるし柿にしたことがあったのですが、あまりの小ささにあまり食べる部分がなかったことを覚えています。 でも、ちゃんと甘くなってはいました。

 里山ではタヌキがカキの実を食べ、糞と一緒に柿の種をあちこちに撒き、増やしているようです。

 今年はげんきの森のタヌキたちも早く熟して落ちてこないか、毎日、たわわに実った柿の枝を見上げていることでしょう。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.