里山にキノコの季節がやってきました。夏の暑さがひと段落して、雨が多くなってくると森のあちこちにキノコが顔を出し始めます。

 写真は真っ赤なタマゴタケ。 かさが真っ赤で、軸は赤と黄色のツートンカラー。 おまけに、足元には真っ白な靴下をはいた鮮やかな姿のキノコです。

 このキノコを持って遊歩道を歩いていると、来園者のみなさんからは「そんな毒キノコ、どうするのですか?」と、よく聞かれます。 でも、タマゴタケはおいしい食用キノコなのです。 他に似たキノコもなく、安心して食べられます。

 コナラなどブナ科の樹木と共生して暮らしているキノコで、里山にはなくてはならないキノコなのですが、県内でげんきの森ほど大量のタマゴタケが出る森はどこにもありません。

 まだしばらくは鮮やかなキノコが楽しめます。 ぜひ、お越しください。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.