みなさんは、国蝶ってご存じですか?。

 1957年に日本昆虫学会で、大型で美しいその姿からオオムラサキを国蝶にする事が決められたようです。

 幼虫はエノキの葉を食べて、ちょうど今頃成虫になり、成虫はカブトムシと同じようにクヌギの樹液を吸います。
大きさは、羽を広げると10cmほどもあるでしょうか。 羽を広げてとまるタテハ蝶の仲間としては国内最大です。 写真の個体は雄なので羽の中央が鮮やかな紫色をしています。

 なぜか、公園管理棟の近くを飛び回り、アカメガシワの葉にとまった瞬間を捉えてシャッターを押しました。 もう少し近づこうとしたら、バサバサっとおよそ蝶らしくもない力強い羽音を立てて飛び去りました。

 よく管理された里山の指標ともいえるこのチョウが飛び回るげんきの森は私たちの誇りでもあります。

 来月いっぱい公園内で見ることができます。 大切に見守ってください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.