キリと言えばタンスの材料として有名です。

 箪笥の材料に使う桐材は、最近では南米や中国など海外からの輸入材が中心ですが、国内でも会津桐や南部桐など東北地方に有名な産地があります。

 もちろん、和歌山の里山にもキリはたくさんあります。
でも、暖かい地方では虫がよく入るので桐材としては使えそうもありません。

 見事に咲いた気品ある紫の花は見事です。 気品があるので五三の桐や五七の桐などのデザインで、皇室や日本国政府の紋章として使われているのでしょうか。

 そういえば、今週は両陛下が14年ぶりに和歌山に行幸啓されます。

 両陛下を歓迎するように、今年はキリの花付きがすこぶる良く、げんきの森のゲート左手でもきれいな紫の花が楽しめます。ぜひ、お楽しみください。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.