げんきの森に1ヶ月遅れの春がやってきました。

 写真はヤマウグイスカグラ。毎年、春一番に里山を彩る紫の花です。

 昨年は3月初めに咲きましたが、今年は1ヶ月遅れて4月になってやっと花を開きました。 今年はそれだけ寒かったのでしょうか。ヤマザクラは10日遅れだったので、今年の冬は寒かったのは確かですが、ヤマウグイスカグラは寒さに対する感受性が他の植物より強いようです。

 いずれにしても、今年のヤマウグイスカグラはヤマザクラと一緒に咲きました。

 クサイチゴも、ナガバモミジイチゴも、コバノミツバツツジも一緒に咲いて、今年の里山は今まで寒さを我慢した分、去年よりもずっとにぎやかです。

 これからは、春も順調にやってきそうです。いい季節になりました。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.