今年の冬は寒かったので、例年ならもう開いているはずのダンコウバイやヤマウグイスカグラの花がまだ咲きません。 そんな中で、いつもそれらと先を争うように花を開くキブシが一株だけ花を付けていました。

 黄色いかんざしのようなかわいい花です。 キブシのフシとはお歯黒を採った五倍子のことです。 ほんとのフシはヌルデの虫こぶですが、キブシの実はその代用になったのでフシの採れる木という意味でこんな名前がつきました。

 来週にはヒサカキの花が咲いて独特の香りが里山をおおうはずです。
これから、げんきの森はいろいろな花が次々に咲き始めるにぎやかな季節になっていきます。

   いい季節がやってきました。








Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.