げんきの森には初冬のこの季節に花を開くサクラがあります。

 公園オープンの日に記念植樹された7本のサクラで『ヒマラヤザクラ』というそうです。

 11月中旬に新芽を出し、12月初旬から淡いピンクの花を咲かせ始める変わったサクラです。 真冬も葉は青々と茂り、翌年の11月初旬にはいったん落葉します。

 サクラはヒマラヤあたりで発生し、寒暖の差が大きい東方に生育範囲を広げると春に咲く能力を獲得して日本の環境にも適応してきたと考えられています。

 げんきの森のヒマラヤザクラは夏の暑さに閉口しながらもそれほど寒くない冬の気候に助けられてなんとか育ってくれてるようです。

 年内いっぱい楽しめそうな季節はずれのサクラをぜひご覧下さい。









Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.