げんきの森では里山整備で伐採した雑木を使って炭焼きをしています。

 備長炭のような白炭ではありませんが、火付きが良くて使いやすい黒炭を毎月1窯200kgほどのペースで焼いています。

 主な販売先は大阪府の紀泉わいわい村。 夏場はお客さんも多くバーベキューでの使用も多いのか緊急注文が入り、この日は焼き終えて窯の中に入ったままの炭の窯出し作業です。

 近畿大学の学生さん達も応援に来てくれて、焼き上がった炭を適当な長さに切って袋詰めします。炭の粉で真っ黒になりながらの作業ですが、実は、炭窯のあるもみじ谷は涼しい風が谷を駆け下りてきて、暑い夏とは思えないとても過ごしやすい場所なのです。

 この炭は来園者のみなさんにも1kg200円でお分けいたします。 頂いたお金は里山整備の資金に利用され、この公園のより良い森林環境が維持されているのです。










Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.