太陽の光をいっぱいに受けるように大きく広げた葉の真ん中に真っ白な小さな花がたくさん咲いています。山菜の王様と言われるタラノキの花です。

 美味しそうな新芽の姿はおなじみの方が多いと思いますが、花を見た人は少ないのではないでしょうか。 いくつにも枝分かれした軸に小さな花が無数に咲き、多くの蜜を作るのかニホンミツバチもたくさん訪れます。 実はこの花もつぼみの時は天ぷらにして美味しいのですが、食べる人はほとんどいないようです。

 今、げんきの森の到る所で見られるタラノキの花をみなさんもぜひ見に来てください。










Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.