麦わら帽子についているのは作り物のバッチではありません。本物のチョウです。何度も同じ所に留まりに来るのでやっと1枚だけ写真に撮れました。

名前はイシガケチョウ。沖縄あたりにたくさんいる南方系のチョウですが、最近近畿南部でも目につくようにもなり、げんきの森でも時々見られます。

白地に茶色の細い線が縦横に伸びて、石垣模様になっているためこんな名前が付いたようです。幼虫はイチジクの仲間を餌にするので、ここではイヌビワの葉を食べているのでしょう。

動きが速くなかなかじっくり観察するのは難しいチョウですが、夏の終わりまで飛び回っているので運が良ければみなさんも出会えるかも知れませんよ。










Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.