昨年は4月3日に最初の分蜂(巣分かれ)があったのですが、今年は遅くて5月1日になってやっと最初の分蜂がありました。

 12時30分頃、公園ゲート付近でブンブン飛んでたニホンミツバチはやがてお気に入りの場所を見つけたのか近くのオオシマザクラの枝にまとまりました。

写真は女王蜂の周りに集まった働き蜂の蜂球と巣箱に収まったニホンミツバチです。新しい巣箱に移したところ気に入ってくれたようです。でも、この調子だと今年はあまりたくさんの分蜂は期待できなさそうでちょっと寂しい気分。

 環境に左右される生き物の世界もなかなか厳しいのです。










Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.