作業日記185   2016/ 3/20(sun) 晴れ           参加者:倶楽部員 42人  植樹祭 16人 






  今月のメインは植樹作業。
一般参加者もたくさん参加してにぎやかに急斜面への植樹作業を敢行しました。
今年はカスミザクラの大木の周りへの植樹。どんな森ができあがるのか今後が楽しみです。


【植樹祭】 9:30~12:00 

 今年は家族連れや4月から大学で環境学を学ぶ学生さんなどを含めて多くの方が参加してくれました。足場が急な場所だったので、一般参加のみなさんは4班に分かれ、それぞれ、ベテラン倶楽部員の指導の下、比較的地形が緩やかな上の斜面で、倶楽部員たちは急傾斜の場所へ植樹してくれました。
 みんなで協力して、昼前にはアカマツ、ヤマザクラ、キハダ、リョウブ、ツガ、マルバアオダモなど60本の樹木を植えることができました。
 今年の夏から草刈りが始まります。みんなでツルや草を刈ってしっかり育てていきましょう。
                                                    (岡田和)
  




【ウルシの森整備】 13:00~15:00

  午前中に植樹作業にいそしみ、一般のみなさんとの力を合わせての作業が楽しかったので疲れを忘れて気持ちよく作業できました。  
  午後は本来のウルシ林へ行くことになりました。
倶楽部員7名でチャノキの多くある場所の整備を行いました。
倒木などを合わせて10本ほど整備しましたが、あまり太いものがなかったのでノコギリで十分でした。杭にできそうなサイズは杭にして20本近くの杭を制作し、残りはきれいに横積みにしました。    日当たりはよくなりましたが、果たしてチャノキにとって好いのか悪いのか私にはわかりません。
  誰か教えてください。                                        (吉田)
  
※チャノキは日当たりがいい方がよく育ちます。ご安心を。(岡田和)




【橋かけ】 13:00~15:00 

  植樹祭の後、午後から大谷新池下側の用水路と池の堰堤との間に、新しい橋を掛けました。
古い橋の板が朽ち、橋桁もかなり古くなって危険な状態になっていたので掛け替えです。
  作業メンバーは6名、力持ちと経験豊かなオッチャン達+非力な私の6名でした。
実は、班分けの前に林内作業車(別の作業に使うことになっていた)で橋桁に使う3本のヒノキ丸太を運んでおこうと出かけたのですが、運び終わって広場に戻ってみると全員他の作業を始めていて、結局最初のメンバーだけでの作業になりました。
  橋桁に使ったのは、太鼓に挽いておいた厚さ20 cm程のヒノキの丸太3本です。これを渡し、橋台となる用水路の両側のコンクリート部分に丸太の高さが一定になるようにチェーンソーで削って並べ、この上に厚さ5 cm程のヒノキの板を敷いて、釘で打ち付け幅70 cm長さ5 m程の橋が出来上がりました。  
  始める前は、この重たい丸太の一端をどうして向こう側に渡すのか。2人で古い橋の上を持って歩けば、古い橋が壊れるかもしれない等々悩んでいましたが、Oさんの一言で解決しました。丸太の一端に結んだロープだけを持って古い橋を渡り、その後古い橋に丸太を斜めに乗せて滑らせるように引っ張れば、あれこれ考えていたのは何だったのか、簡単に渡すことが出来てしまいました。経験とそれに基づく工夫の力に脱帽しました。
  当初は、半日では無理だろうから準備作業だけと予定していたのですが、割合早い時間に完成してしまい、メンバー全員達成感に満たされて引き上げてきました。
  3/31炭焼きグループが古い橋を撤去してくれました。                    (赤阪す)  
  




【歩道整備】 13:00~16:00 

  午後から数少ない40代の倶楽部員2名も参加してふれあいの森の遊歩道の補修作業を行いました。  
  まず、第2駐車場に置いていたヒノキの丸太十数本を南谷ルートと第2駐車場ルートの2班に分かれて、作業場所まで運び込みます。
  南谷ルートはかつて中前さんが作ってくれた大八車のタイヤを小さくしたような運搬車に丸太を乗せてみんなで押したり引いたりしながら運びました。なかなかの重労働でしたが若い力もあってなんとかネムノキ谷の作業場所まで運ぶことができました。
  第2駐車場ルートは林内作業車を活用しての長距離運搬です。それぞれの作業場所で古くなった路肩の横木を新しいヒノキに取り替え、路面の土を均す作業を繰り返していきます。
  16時過ぎまでかかって50mほどの荒れた歩道が歩きやすい歩道に変身しました。
  みなさんもぜひ歩いてみてください。                            (岡田和)
  





 ヤマザクラは今が見頃。エドヒガンと陽光桜は盛りを過ぎたところ。
オオシマザクラはこれから盛りを迎える頃でしょうか。ネゴロザクラも見頃です。
それぞれの桜はそれぞれの個性を発揮しながら今年もげんきの森を彩ってくれます。
 みなさんも今のうちにこの素晴らしい桜をお楽しみください。     
                                                  岡田和久   




前の作業日記へ    次の作業日記へ



根来山げんきの森倶楽部NPO定款役員名簿新規倶楽部員募集





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.