作業日記175    2015/ 5/17(sun) 晴れ                      参加者:倶楽部員46名 



 今月は総会もありたくさんの倶楽部員のみなさんが出てきてくれて賑やかな作業日でした。

 新しい倶楽部員のみなさんを対象にした研修も行いました。

 新しい仲間を加えてみんなで充実した活動を続けていきたいものです。




【炭出し】 9:30~15:00 

 若葉萌える・・初夏の風もさわやかな・・風薫る・・行く春が惜しまれる・・吹く風も夏めいて・・等々、五月中旬の時候を表す言葉はたくさんありますが、今回の活動日作業は(地球の異常な?気候変動の?影響か??)もう夏になったかと思われる感じで、大汗をかきながらの炭出しとなりました。
 この作業に手慣れた倶楽部員が多い参加10名で11時頃には270Kgsの炭を搬出して、年に一度の“総会”に備えていつもより早い昼食となりました。前回の製品重量は200Kgsだったので、今回の270Kgsと比べると、実に3割も増えたことになります。少し差が大きいので、“原因は?”との話をまとめると~
①炭材に比較的堅木が多かった。(確かに今回の袋詰めは容積に対しての重量が明らかに重かった)
②前回は窯の最終完全密閉が時間的に遅れた感じがある。(完全に空気を遮断する最終密閉が遅れると灰になってしまう部分が多くなる)~等々とのことでした。同じ窯で搬出される炭重量が、種々の要因で大きく違ってくるのも炭焼きの面白いところかも知れません。
“総会”後いつものとおり次回用の炭材を搬入して今日の作業は終了しました。

 参加の皆様“暑い中”たいへんお疲れさまでした。                      (上野登)





【漁民の森周辺整備】 9:30~15:00

 本日、初めて伐採作業に参加しました。
メンバーは、ボスのAさん、年長のSさん(まちがってるかも?)指導者のMさん。それに、新人の小南です。
 一発目から、注意の声がとびまして、チェンソーの動作チェックで、カバーをしたまま、エンジンをかけようとしたのです。そのあとも、指導事項が沢山あるんですが、多すぎるのでここでは、割愛します。
 作業場所は、第二駐車場の南西の斜面です。一番最初に、樫の木を、二本伐採させてもらいました。端っこの小さい樫の木は、残しておこうということでしたが、切断に夢中になって、残すはずの樫の木を、半分ほど切ってしまいました。
チェンソー操作は、音も大きいし、最初は冷静になるのは難しいです。その後、私は、以前に伐採していた木の片づけ作業をしました。
 他の人は、ナナミノキ数本、コナラの枝の伐採、クスノキ等々 大き目の木を伐採しました。
終わってから、上の道路から見ると、見晴らしがよくなっています。一度ご覧ください。
作業終了後、チェンソーの手入れ、コンプレッサーの片づけまで、みっちりと教えていただきました。次回以降に生かしていきます。                              (小南邦一)





【竹林整備】 9:30~15:00

 本日、倶楽部員9名で竹林に向かいました。竹林に着くと一面草に覆い尽くされており、草刈りをしたくなったが今日の主な作業はトンボ池の補修です。池の東側の底に穴が空いており、水がどんどん吸い込まれており、これを止めなければなりません。
そのため、畦板を穴の前に打ち込んでさらに石や土で小さな土手らしきものを作る。石は周辺で拾い土は池の底の泥を使って何とか水漏れを止めることができました。すると、みるみるうちに水がたまり始めました。こうして池の補修は終わりました。

 休憩の後はY氏の提案で道側に新しく道を作ることになり、山肌を削りだして道を作りました。また、草を取ったりで10mあまり作ったところで昼前になたので今日の作業はここまで。午後は総会出席です。みなさまお疲れさまでした。                            (吉田恒臣)





【新しい倶楽部員の研修】 9:30~15:00

 対象者の内、今回の参加者は3名。最初、岡田から1時間ほど森林公園や倶楽部の歴史と概要について説明し、その後、園内を回って森の様子などについて説明しました。

 この森にコナラが多い理由や常緑樹がはびこり始めた現状を観察し、ホオノキなど咲いている花の解説などを行いながらバリアフリートレイルを回りました。

 午後は草刈りです。鎌を持って6年前に植えたセンダンの場所に向かいました。イロハモミジもモミもエドヒガンも順調に大きくなっています。その中でセンダンに花が咲いていたのです。ホオノキの斜面から眺めても遠くて気がつきませんでしたが近くに行くと淡い紫の花がたくさん咲いているのがわかります。センダンは古名を「あうち」と言い、熊楠が好んだ花として有名です。

 ここで、植栽した木に巻き付いたツルを中心に刈り取り作業を行い、戻ってきてから鎌研ぎをしてこの日の作業を終えました。                                   (岡田和久)






 春も終わり一気に夏の気配です。西展望広場にはアジサイもきれいに咲き始めています。今年は森の花が多く、アマヅルにたくさんのブドウのような実が付いているのを見つけました。この実はヤマブドウに似て美味しく食べられます。今から秋が楽しみになりました。
                                                  岡田和久   




前の作業日記へ    次の作業日記へ



根来山げんきの森倶楽部NPO定款役員名簿新規倶楽部員募集





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.