作業日記171    2014/ 1/18(sun) 晴れ                      参加者:倶楽部員39名 

 寒い一日になりましたが、みなさんげんきに汗を流してくれました。

 この日、岡田は別のイベントで留守でしたが気の利く倶楽部員のおかげで無事に原稿が集まりました。 感謝です。 寒い季節が続きますががんばって活動を続けていきましょう。




【西展望広場の立木整備】 9:30~15:00 

 お客様からも要望のあった西展望広場の眺め、見通しを良くするために周辺のコナラやウバメガシ等の立木を整備しました。この作業にスタッフ10名と、予想以上に集まってくれました。

 立木整備する木には、前もって赤のテープでハチマキしており、これを目印にコナラ中心の南西斜面とウバメガシ中心の北西斜面に分かれて作業を進めました。
整備する木は直径30㎝ぐらいのものはなく、ほとんど直径20㎝以下の木でした。チェンソーを扱う人は3人(M、H、Jさん)、切り倒した木をチェンソーやのこぎり・斧で、さらに炭材用として120㎝に切断しました。比較的細めの炭材は、人力で下から上へ運び出し、そしてテーラーで第2駐車場まで運搬、一車搬出したところで昼食休憩、管理棟についたのは12時10分でした。ここで豚汁が用意され、格別にうまくありがたく感じたものでした。

 午後はスタッフ8名となりましたが、13時10分再開。午前中と同様な作業で続行しました。テーラー1車分、主に細めの炭材ができたところで、テーラーのエンジンのひもが伸び切った状態のままとなってかからず、悪戦苦闘する羽目になりました。作業終了近くなった頃であったが、その間、IからG点(あずまや)手前の歩道にせり出した直径25㎝もあるウバメガシを伐採・整理して頑張ったところで、テーラーの故障も直り本日の作業を終了しました。

 今回の作業で西展望広場の見通しは、大分よくなったものの、まだまだ未整備の立木と炭材の搬出があり、あと3回程度の継続作業が必要であると思っています。           (城 保宏)





【蜜蜂巣箱の清掃】 9:30~15:00

 女性4名でミツバチの餌やりと溝掃除を行いました。

 まずミツバチの餌やり。ごうらの重石を静かに下ろし、そっと傾けて餌の入っているお皿を取り出します。 蜂の巣(古いもの)をお湯で溶いて、そこにハチミツを足してお皿に入れ、溺れないように割り箸や小枝を止まり木として一緒に入れます。 一週間ごとに入れ替えているそうですが、お見事に空っぽです。

 作業日は天気に恵まれ、気温も高そうでした。 巣から出入りしている様子はありませんでしたが、ごうらを傾けると、勢いよく数匹が飛び出してきて攻撃態勢をとってきました。 なかなか攻撃的です。 

 溝掃除の方は、入口門のあたりを頼まれていたのに、勘違いして随分と道を下ってカーブミラーのあるあたりの落ち葉で埋まっている溝の落ち葉を取り除きました。 表面は乾いているものの、掘り出すと湿っていて結構な重量になります。 堆肥作りをしたいと思い、私は黒いビニール袋を用意してきていたのでそれに5袋ほどいっぱいに詰めてお持ち帰りしました。
 溝の底の方からはカナブンの幼虫やシーボルトミミズが。 シーボルトをお持ち帰りする変人さんも(笑)
 緩やかな登り道を一輪車を押しながら、スズカケノキの実を観察したりしながら、青空の下お散歩気分で戻りました。                                       (岩田禎)





【炭出し】 9:30~15:00

 倶楽部員のみなさまの日頃の心がけが良いのが表れたのか、前日の曇天で小雨も降る寒い日と打って変わって晴天で風もなく陽光うららかな絶好の作業日和となりました。

 新年初めての作業日にいろいろな仕事を手分けしてかかりましたが、炭出しも女性4名の参加も含んで11名で行いました。 今回は炭焼き総時間が比較的短かったのですが、良い炭が出てきました。 出窯製品炭の総重量はいつもの通りに近い210Kgsでした。

 午前中炭を出した後、次の炭焼きの為に炭材の窯入れをしたが約半分入れたところで昼になったので全員管理棟に戻り、用意してくれた心づくしの豚汁で昼食としました。

 午後は残りの炭材搬入を終えた後、新しい駐車場の屋根張りを行い略完成までの作業をして本日終了となりました。新年最初の炭出しでしたが今年も元気で炭焼き等を続けたいと思っています。参加の皆様たいへんご苦労さまでした。                           (上野登)





【竹林整備】 9:30~15:00

 今日は冷たい風もなく、絶好の作業日和でした。 竹林整備のチームは、午前中は7人、午後は6人で作業を行いました。道具を揃えたら、自動車に乗り合わせて現場へ向かいました。

 午前中は、入り口通路の整備と、池の周りにわずかに残る竹切りの2班に分かれての作業でした。 池の周りもスッキリとしました。 次は、お茶の木の手入れ。 まとわりついている雑草の除去と、夏場に間違えて刈り払われないように目印の竹を立てました。 お茶の木を見たのは初めてで、どこから見てもただの低木にしか見えません。これをまとめて植え直し、お茶摘み体験を開催し、茶葉は加工してそれぞれ摘んだ方に進呈するイベントもいいなと考えました。

 お昼は一旦管理棟へ戻り、暖かいおみそ汁でお弁当を食べました。 いつもありがとうございます。

 午後は、斜面にいくらか残っていた竹を切る作業でした。適度に汗をかいて気持ち良かったです。 今日の作業で見える範囲の竹は殆どなくなりました。 あちこちにあるタラの木から芽はまだ出ていませんが、今日のような暖かい日は春が待ち遠しく感じました。            (佐藤広)






 1年で一番寒いこの季節。 先日、管理車道入り口にあるオガタマノキを見ていたら思ったよりたくさんの花芽が着いてきました。 2年前に始めて花を咲かせたこの木もいよいよ本格的に花を咲かせる年頃になってきたようです。 いい香りがする花です。

 3月後半には開花するはずですからみなさん、お楽しみに。
                                                  岡田和久   




前の作業日記へ    次の作業日記へ



根来山げんきの森倶楽部NPO定款役員名簿新規倶楽部員募集





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.