作業日記166    2014/ 8/17(sun) 晴れ    参加者:倶楽部員21名+8名(クラフト)+近畿大学生6名 


 今年の夏は不安定な天気が続いた湿っぽい夏でした。 秋の気配がしてきてやっとカラッとしてきましたが、秋の天気は安定するのでしょうか。

 緑花センターでクラフトの運営があり、少ない人数での活動だったので、作業内容を絞って汗を流しました。 大谷新池周辺が少しずつすっきりし始めています。



【大谷新池周辺整備(その1)】 9:30~15:00 

 今日の作業は、大谷新池の畔の景観をよくするための整備を7名で行いました。作業場所は、池の北東、沢小屋から少し下ったところで、木々が生い茂った2箇所を行いました。

 水面ギリギリまで伸びた木々を伐採し、滑車を使い、みんなで力を合わせ、「よいしょ、よいしょ」と元気に掛け声をかけながら、大きな木を引き上げました。

 お昼前からは風もなくとても暑い日よりだったので、熱中症に気をつけながら時折水分補給をしました。

 水面を眺めていると大きな食用ガエルが顔を出し、すいすいと泳いでいるのが見えました。「大きなカエルやな」、「美味しそうやな」、「え~気持ち悪い」、「たくさんおたまじゃくしもいるな~」など会話が弾み、「根来・食用ガエル釣り大会をしてはどうか」など面白そうな企画がでました。 食用ガエルのもも肉の味は鶏肉に似ていいると言われています。 「食用ガエルをフランス語で言ったほうが美味しそうかも?」など色々、話しに花を咲かせながら作業を進めました。 ちなみに、フランス語では食用ガエルの事を grenouille(グルヌイユ)と言うそうです。

 池畔の草木を整理していくと和歌山県の絶滅危惧種であるアサザがよく見えてきました。もう少し池の奥の方も草木を整理するとより眺めがよくなるな~と思いながら、これから訪れてくる秋がとても楽しみになりました。

 今日は、暑い中、皆さんお疲れ様でした。
                                                (丸山直人)   





【大谷新池周辺整備(その2)】 9:30~15:00

 男7名で、4本の大木を伐採しました。 1本目は、池から用水路に抜ける樋門に覆い被さっている『エノキ』を伐採し、枝は対岸の以前植樹して草刈り時の通行やミツバチの巣箱に支障がない山裾に3、4人が何往復もして積み上げました。 2、3、4本目は、池から根来寺へ行く山道よりの3~5mの高さにあり、風により倒木で土砂崩れが予想される『アカメガシワ』2本、『ヒノキ』1本を伐採しました。枝については、先程と同じように処理をしました。
なお、処理が出来なかった枝については、伐採した近くに積み上げました。ヒノキは、利用するので長いまま10m以上の距離をウインチで引き上げユニックローラ運搬車に積み搬出しました。
他の樹については、2m前後の長さに切り落としワイヤを使い3~5本をひと束にして同作業を繰り返し、全て搬出し作業は終わりました。

 谷間で池の水面から涼しい風が吹くかと期待していたが、無風状態の中日頃の量の何倍も汗をかきました。皆さん暑い中、お疲れ様でした。
                                                 (植本彰一)   





【クラフト】 9:30~15:00

 7月19日(土)に始まった緑花センターの毎土日の木工クラフト教室も本日で終了です。
8月に入って台風11号のため、8月9日は午前中のみ、10日は中止でした。 しかし、夏休みの宿題の追い込みでしょうか、昨日16日のクラフト教室参加者は86名、そして17日は98名と期間中最多でした。

 17日は、10時過ぎから1家族、2〜3家族と参加者が訪れ、最初からこんなものを作ろうと考えてやって来た子、見本を眺めてなかなか作るものを決められない子など色々で、スタッフは「作るのを決めたら相談してね」と声をかけていました。 私は、げんきの森での教室も含め、今期初参加でした。 例年の様な工具もそろえていませんでしたが、それなりにある材料で工夫していいものが出来上がっていました。 今年の特筆は、ウッドバーニングのコテを揃えたことで、いい作品やパーツに文字を入れたりしている作品もありました(発案したUさんに拍手)。

 12回の緑花センタークラフト教室では、毎回9〜11人のスタッフが参加し無事に夏のロードが終了しました。 皆さんお疲れさまでした。
                                                 (赤阪 進)   





【歩道補修】 9:30~15:00

 近畿大学社会奉仕実習の学生(女子2名、男子4名)の参加を得て倶楽部員6名 合計12名で遊歩道の補修整備を行いました。
お盆は過ぎましたが、相変わらず夏の暑い盛りで、曇天で直射日光こそ免れたとはいえ、湿度が高く大汗をかきながらの作業となりました。

 第二駐車場の丸太置場から適当な材料を切って現場に運びましたが、午前中の作業がけっこうはかどり昼からは現場調達の材も使用してみんなで頑張りました。
 近大の学生諸君も、かなりしんどい杭打ち等に女子学生も含めて積極的に参加してくれて、汗を飛ばして「ブラジルまで届け!!」と冗談をいいながら“杭をドツいたり”して楽しくみんなで働きました。 遊歩道の補修整備は今後も延々と続きますが、単純な作業に関わらず若い力の参加で非常に楽しく作業を終える事が出来ました。

 参加の近大の学生さん及び倶楽部員の皆様お疲れさまでした。
                                                  上野(登)   





【プレーパーク】 8月 3日(日)

     8月は、お休みです。

 



 今年も何とか暑い夏を乗り切りました。 7月にほとんど出なかったタマゴタケは8月後半になって少し出たようですが、夏のキノコはやはり不調でした。
 これから、秋が深まってきて秋のキノコは楽しませてくれるでしょうか。
 期待しましょう。 
                                                 岡田和久    




前の作業日記へ    次の作業日記へ



根来山げんきの森倶楽部NPO定款役員名簿新規倶楽部員募集





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.