作業日記153    2013/ 7/21(sun) 晴れ    参加者:30名(クラブ員) 



  暑い夏です。梅雨明けが早かったせいか、夏の暑さがひときわ堪えます。今月は暑い日が続いてるので無理しないように少し押さえ気味の作業にする予定でしたが、げんきな倶楽部員たちは暑さを忘れて元気に汗をかいていました。

 みなさん無事に作業を終えてなによりでした。



【南谷整備】 9:30~14:30 

 先月に引き続き南谷に入りました、スタッフ14名のパワーを、ヒノキ丸太の引上げ、枝払い(太い枝が多い)、草刈り、積み上げた枯れ枝の処理などの作業に注入しました、
 作業に使うそれぞれの道具を準備して作業にかかりましたが、運搬車(テーラー、ガーデン,ついてこい)がついにダウン。再起不能のトラブルで使えません。考えてみると此の根来山で一番の働き者でしたね。

 真夏の作業ですので体調管理に注意しながら作業開始です。ひっぱりだこのエンジン音が響きヒノキ丸太を谷底からゆっくりと引き上げました。太さ約30㎝位、長さ2m程の結構大物です。このひっぱりだこも文句も言わず働くね。少し短いヒノキを含め5本の丸太を運び上げました。

 1本梯子を使い、やや太い枝も切り落として明るくなりました。この南谷は、南斜面に長く広い谷ですので今回の作業は谷の中程をめどに手入れを行いました。草刈り機で夏草を刈り、枯れ枝や吉夫とした枝の積み上げ作業を午前中に行いました。

 「こんな暑い作業は初めて」と言うメンバーも、水分、塩分(うめぼし)、弁当、スイカを食べ気合十分午後の作業にかかりました。午後は、新しく入会した女性スタッフも加わりメンバーのパワーはかなりアップ。とにかく、斜面にある小枝、枯れ枝、点在する丸太の処理、刈り残った草の処理、これらの作業を全員で行いました。暑い中大量の汗をかき本当にお疲れ様でした。
                                 (”結構多忙“   土生川)          






【舞台補修】 9:30~16:00

  舞台の端の床板が浮き上がっていたり、破れた部分もあるということで床板を全て張替えました。この原因は舞台の枠に付けている根太が腐っていることでした。雨などの水が溜まりやすい構造になっているためでしょう。

 製材所から買った厚さ15ミリ、幅100ミリ、長さ4000ミリの板には、既に防腐剤を塗ってくれていました。また、コースレッドで止めると次回の釘抜きが難しいので,ステンレスのもどり付釘を用意してもらいました。

 さて当日、7名の匠達が作業を始めました。4区画に区切られている舞台を1区画ずつ古い床板を外し両端の根太を外し、新しい根太を枠から1センチほど離して取付け、これに新しい床板を釘で打ち付けていく作業でした。

 案の定、古い床板をとめているコースレッドの内、うまく外れたのは半分以下で、残りはバールで強引に引き抜きました。また、4面の枠はボルトで繋いでいるため、両端の根太は細工しないとうまく置けないことが判り、少々手間取りました。2面目を張替えだしたところで、一箱250本の釘が足らなくなることが判明。床板を外したまま放置できないこともあり、2面に床板を仮止めしたところで作業は終了しました。他の作業から帰って来た人達も手伝ってくれ、スムーズに終わることができました。
 その後、24日新しい床板をサイズに切りそろえ、25、26日に1面ずつ張替え、28日に足の高さの再調整、脇の部分の板を張り終わって完成しました。
                          (最近補修作業に追われる”赤阪す”)          





【草刈り】 9:30~15:00

  この日は朝から、お日様がカンカン照りで夏真っ盛り✩ 暑いながらも気合いが一段とはいる日となりました。

 午前中、駐車場の北側向かいの山中に5人で入り、以前から植林していた小さい木を見つけ回りの草・枝に巻きついて成長を妨げているツルの刈り取りをしました。 雑草の生命力のすごさにびっくりしながらも、雑草に埋もれていたときは存在感ゼロだった木がキレイにしてあげることによってキラキラして見えたのは不思議な感覚がありました。

 また来月も小さい木を雑草に埋もれて枯れていかさないように、救出活動に励みたいと思いました。

 午後からは南谷へ 行き薪集めのお手伝いです。

 この作業ではみなさんが木に対して、いろんなこだわりがあっていかにキレイにを心がけてされているんだなっと勉強させて頂きました。

 私は今まで山の中には縁遠く、元気の森のボランティアに参加させて頂いて植物のこと・動物のこと・虫のこといろいろ教えてもらえてすごく楽しいです。

 今回ハチに刺されるというハプニングもありましたが、すぐに処置すれば痛くないということがわかり何事も経験してみるものだと思いました。

 また来月も何がおこるか楽しみ、元気の森ボランティア活動です。
                                 (”新人です!”森本和美)          





【プレーパーク】 7月 7日(日)

 今回も出足は悪かったものの終わってみたら121名という参加者があり大賑わいでした。

 以前より「プレーパークの場所が判りにくい」ということで、ボラバイターの方に案内いただいたりしていましたが、南谷がすっきりと整備されて明るくなったのでこれからは迷われる方もなくなるのではないでしょうか?

 毎回忘れずに、「案内の旗を設置しよう」ということになっています。
                 (”最近プレーパークが大賑わいでうれしい”赤阪な)          


 




  7月はキノコ観察会、夜の生き物観察会、夜のネイチャーゲーム、夏休みクラフトとイベント続きで大忙しの日が続きました。 さいわいにも天気に恵まれ、たくさんの参加者の方々が参加してくださって、どのイベントも大盛況。 倶楽部員の皆さんも講師を務めてくださった方々も、なにより参加者の皆さんも大満足でした。
                                           岡田和久          


 

前の作業日記へ    次の作業日記へ



根来山げんきの森倶楽部NPO定款役員名簿新規倶楽部員募集





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.