テングチョウ (てんぐちょう科)

食餌植物 アキニレ、エノキ
越冬態 成虫
成虫活動期 1月〜12月(5月には少ない)

       
                                          

 エノキやアキニレの葉を幼虫の食餌植物とする褐色の速く飛ぶチョウです。

 ストロー状の口を保護する器官が大きく長く突出しており、それが鼻の長い「天狗」の風貌にそっくりなので、この名がつきました。

 6月に一斉に新成虫が羽化しますが、年によって大発生することがあります。