ミヤマセセリ (せせりちょう科)

食餌植物 コナラ
越冬態 幼虫     
成虫活動期 3月〜5月
                              

♀(牝)                           
                                     

 根来山周辺は胸高直径の小さなコナラにより形成される林床の明るい林が多く広がっていますが、このミヤマセセリはそのような明るい落葉広葉樹林が大好きな早春性のセセリチョウの仲間です。 幼虫の食餌植物はコナラです。

 地味なチョウですが、彼らが活動を盛んに行うころに雑木林の林床をピンクに染めるシハイスミレに止まって吸蜜している姿は、とても可憐なものです。